"ポケベル" に関するエピソード

「人生最大の修羅場」

43歳 男性のストーリー
命に関わるような修羅場ではないのですが、
もう20数年前位前に当時付き合っていた彼女に浮気がバレてしまった時の事です。
とりあえずその日は友人5人でいわゆる合コンをしていました。
当然、彼女には男5人で飲み会という事で伝えてありました。
この話のポイントとしては当日にバレたというところです。
何故バレたかというと自分の場合、嘘をつく際、基本情報は包み隠さず伝えます。
なので、日にちと場所と時間は本当の事を伝えておきます。
単純に出かけていたのに寝てたという根本的な嘘は付きません。
当然バレた時の破壊力は計り知れないので…
そんな感じで、いそいそと心踊らせながら合コンへ…
合コン自体はいい感じであったまってきて今日は余程のイレギュラーが発生しない限りはファイナルステージ確実!という状況でした。
しかし、そんな中自分のポケベル(ポケモンではありません)が鬼の様に鳴っています。
出ている番号を見ると彼女の自宅からでした。着信履歴が見事に一周以上してしまっていりなんともそれは恐ろしい状況になっていました。この時には既に彼女は何かを確信いました。
さて、では何故彼女は自分に疑いの目を向けたのでしょう?先述している通り基本情報に
嘘はありません。
正解は、彼女は自分が行っていたお店に電話をしていたのです。
ただ、電話をしただけでは疑う要素がないと思うのですが、彼女は電話口で対応した店員さんにこう告げたのです。
今、男5人で来ている〇〇という人はいますか?と、
その返答に店員さんはこう返します。
男性5名だけのご来店は今、ありません。
店員さんは何も悪くありません。
本当の事をただ伝えただけです…。
その日その後、その鬼ベルをひたすら無視し
結果朝までコースでした。
ただ、恐怖のあまり朝5時に60km程離れた山奥にある彼女の自宅まで行き地面にが掘れる程の土下座をしたのはゆうまでもありません
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
こんなひといました
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
あの人と縁を切ってよかった
人が豹変した話
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りで大変身した人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしの周りの大恋愛
これまでに出会った天才
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
業界ならではの話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
女同士って面倒くさいと思った話
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
一番の苦労話
これまでで一番驚いた話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
これまでで一番笑った話
忘れられない先生の話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
これはひどいなと思った結婚式
今までで体験した一番怖い体験
人を見返してやった話
死ぬかと思った話
これまでで一番悲しかった時
一番おいしかった食べ物
どうしても許せないこと
人生最大の失恋話
忘れられない夏休み
とっておきのすべらない話
忘れられない夏の思い出
嘘みたいなほんとの話
修学旅行の思い出
学校や仕事をサボってやったこと
人生で一番贅沢した話
これまでで一番お金を無駄にした話
お金さえあればと感じた瞬間
奇跡だと思った話
人生最大の修羅場
今までで一番感動した話
これまでに一番勇気を出した瞬間
私について
もっとも尊敬する人
私の変えたい過去
人生が変わった出来事
誰にも言っていない秘密
誰かに聞いてもらいたい愚痴
わたしがやめられないもの
そういえば昔夢見ていたこと
仕事での大失敗
わたしの初恋と、その結末
苦手だったのに得意になったエピソード
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話