"プレゼン" に関するエピソード

「わたしの周りで大変身した人」

46歳 女性のストーリー
職場で、26歳で転職してきた男性がいました。前職がテレフォンオペレーターで、うちの会社には営業として入ってきました。未経験と言うことで、最初は簡単な事務仕事からやっていましたが、物静かで、真面目で、我慢強い感じのする子でした。
2年位経った頃、営業でも企画を提出することになったのですが、その男性が提出した企画が通って、社内でもお客さんにも評価を受けました。そうしたところ、自信を持ったのか、その後どんどん企画や自主的な動きをするようになりました。そうなると周りも見る目が変わって、まず、呼び名が君付けだったのが、さん付けになりました。それから、いろんな企画に、彼が呼ばれるようになり、まさに追い風が吹いている感じでした。
すると、彼の言動もちょっとずつ変わったなと思います。前髪が長くて顔が隠れる感じだったのがおでこを出すようになり、メガネもおしゃれなものになり、服も暗い色だったのになんだかパキっとしたおしゃれなものになりました。
で、久しぶりに彼のプレゼンを聞いたら、ジョークを交えながら大きな声で話す人になってたんです。入社した頃は小さな声でつぶやくだけだったので、周りの評価を受けると大変身できるものだなぁ!とびっくりしました。

「もっとも尊敬する人」

25歳 男性のストーリー
私が最も尊敬する人は、前の会社の上司です。縁あって別の会社に行くのこととなりましたが、ずっとその上司の下で働けていたならば、会社に残っていたかもしれません。前の会社は新卒がほとんどの会社でしたが、その上司は中途採用のため他の人とは少し雰囲気が違っていました。エンジニア出身ということもあって、非常に論理的な方でした。作成する資料も、プレゼンの仕方も、いかに人を納得させるかということを論理的に組み立てる方でした。特に尊敬していたのは、上司部下との付き合い方です。プライベートでも仲良くさせていただき、何度か食事にも連れて行って頂きましたが、それ以上に仕事において、いい関係を築けて働くことができました。フィードバックが具体的で明快、かつ私の腹落ちするように丁寧に説明を頂けました。いいところも悪いところも、そのように指摘頂けたからこそモチベーション高く働けたのだと思います。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
これまでに出会った天才
人が豹変した話
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで一番勉強ができた人
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで大変身した人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
業界ならではの話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
女って本当に恐いと思った瞬間
一番ひどい友達からの裏切り
家族に一番感謝したこと
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
お金さえあればと感じた瞬間
忘れられない夏の思い出
これまでで一番お金を無駄にした話
人生最大の修羅場
修学旅行の思い出
これまでで一番驚いた話
奇跡だと思った話
これまでで一番悲しかった時
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
これまでで一番笑った話
一番おいしかった食べ物
とっておきのすべらない話
人生で一番贅沢した話
忘れられない先生の話
今までで一番感動した話
死ぬかと思った話
これまでに一番勇気を出した瞬間
人を見返してやった話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
今までで体験した一番怖い体験
一番の苦労話
忘れられない夏休み
どうしても許せないこと
嘘みたいなほんとの話
これはひどいなと思った結婚式
学校や仕事をサボってやったこと
人生最大の失恋話
私について
苦手だったのに得意になったエピソード
誰にも言っていない秘密
わたしがやめられないもの
私の変えたい過去
人生が変わった出来事
わたしの初恋と、その結末
誰かに聞いてもらいたい愚痴
そういえば昔夢見ていたこと
仕事での大失敗
もっとも尊敬する人
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話