"ドライフード" に関するエピソード

「奇跡だと思った話」

36歳 女性のストーリー
私は猫を飼っていました。
雨に濡れた小さな鍵尻尾の子猫でした。
模様は鯖模様。サバトラ猫です。女の子でした。
成猫になり10年が経ちました。

保護した後に避妊手術もしていたせいか、
骨格は小さいもものの、お腹を床に擦りながら歩き、まるまると肥えて、元気にしていていたのに、12歳を迎えた頃
食べても食べても痩せていくようになりました。
「甲状腺亢進症」も疑いましたが、
まずは動物病院に連れて行きました。
「がん」だから、「諦めた方がいいです」
と獣医さんが言いました。

私は納得がいきませんでした。
私は仕事を休む決心をし、
動物病院で病院食を沢山仕入れました。
病院食である高カロリーの缶詰を4時間置きに、シリンジで与え続ける毎日です。
時には与えすぎて噴水のように吐かせることもあり、自分を責めました。
お水も消毒済みのシリンジでたっぷり与え続ける日々でした。
愛おしい猫のお腹が膨らみ、すやすや眠る姿に癒され、励まされました。

闘病生活を始めて1ヶ月が経った頃、我が子に変化が起こりました。
鳴くのです。
寂しい時、お腹空いた時、寒い時。

「がん」宣告をされた我が子は正直2キロもなかったのです。
健康な猫は3キロ前後が標準体重ですが、闘病生活の末、自らドライフードを食べ、水を飲み3.2キロにまで肥えました。
まるまるとした目も生気を取り戻し、
生き生きと活発にかぎしっぽを揺らしながら、擦り寄って甘えるようになりました。

これは我が子の生命力と奇跡だったのだと思います。15歳で虹の橋へ行きました。



人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
自分は特別だと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
こんなひといました
これまでに出会った天才
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで一番お金持ちの人
人が豹変した話
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りの大恋愛
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで大変身した人
ノウハウ
○○の裏話
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
家族に一番感謝したこと
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
一番おいしかった食べ物
忘れられない先生の話
これまでに一番勇気を出した瞬間
修学旅行の思い出
忘れられない夏休み
嘘みたいなほんとの話
これはひどいなと思った結婚式
奇跡だと思った話
人を見返してやった話
一番の苦労話
お金さえあればと感じた瞬間
とっておきのすべらない話
学校や仕事をサボってやったこと
死ぬかと思った話
人生最大の失恋話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
今までで体験した一番怖い体験
これまでで一番笑った話
どうしても許せないこと
人生で一番贅沢した話
人生最大の修羅場
忘れられない夏の思い出
人生で一番運が良かったなと思う出来事
これまでで一番悲しかった時
これまでで一番お金を無駄にした話
今までで一番感動した話
これまでで一番驚いた話
私について
仕事での大失敗
私の変えたい過去
もっとも尊敬する人
わたしがやめられないもの
そういえば昔夢見ていたこと
わたしの初恋と、その結末
誰にも言っていない秘密
誰かに聞いてもらいたい愚痴
人生が変わった出来事
苦手だったのに得意になったエピソード
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間