"キャッチコピー" に関するエピソード

「わたしがやめられないもの」

48歳 男性のストーリー
私のやめられないものはラジオです。
普通に聴くのもそうですが、聴けない時は、radikoのアプリを使ってタイムフリー機能を使って聴いています。 特にFM横浜にはまっています。
朝9時から12時迄のLOVELYDAYでリポーターをやっている藤田優一君が好きです。神奈川県の至るところにリポートしています。たまに県外にもでてリポートする事もあります。はぁい藤田で~すがキャッチコピーで愛嬌のある方です。 番組中に3回リポートの時間があります。
また12時から15時迄Ene good for you がやります。これもリポーターがいて、穂積ユタカことホズミンといいます。スポーンをキャッチコピーに明るいトークが自慢です。 これも神奈川県をリポートしますし、たまに県外に出る事もあります。番組中に2回リポートがあります。
特に昼間用事がある時はradikoのタイムフリーで聴いています。

「「あなたの番です」のあらすじ」

29歳 女性のストーリー
主人公夫婦が引っ越してきたマンションの住民会で始まった交換殺人ゲーム。知らない人が関わりのない人を殺すと、犯人と分かりにくいということからこのゲームが始まりました。ドラマの毎週、死にますというキャッチコピーにあるように予想の斜め上をいく展開に目が離せません。特に衝撃だったのでは、ミステリードラマではあり得ない設定の主人公が殺されてしまうと言う部分です。反撃編からは主人公とバディを組んでいたはずの住人が、前回の放送ラストではまさかの裏切り行為に最終回を残して事件の全貌が見えてくる頃だと思っていたので、まさかの結末でした。裏切りなのか何か考えがあってのことなのかは最終回を見ていないと分かりませんが、細かな伏線回収もされてきたので、残る最終話が楽しみです。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
こんなひといました
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
これまでに出会った天才
今だから言えるごめんなさい
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りで大変身した人
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
人が豹変した話
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしの周りの大恋愛
ノウハウ
業界ならではの話
○○の裏話
異性は知らないなと思う話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
女って本当に恐いと思った瞬間
一番ひどい友達からの裏切り
家族に一番感謝したこと
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
人を見返してやった話
人生最大の修羅場
今までで一番感動した話
一番おいしかった食べ物
これまでで一番驚いた話
人生で一番贅沢した話
一番の苦労話
今までで体験した一番怖い体験
これまでで一番お金を無駄にした話
これまでに一番勇気を出した瞬間
これはひどいなと思った結婚式
奇跡だと思った話
とっておきのすべらない話
お金さえあればと感じた瞬間
どうしても許せないこと
嘘みたいなほんとの話
これまでで一番悲しかった時
修学旅行の思い出
忘れられない先生の話
人生最大の失恋話
忘れられない夏の思い出
これまでで一番笑った話
学校や仕事をサボってやったこと
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
死ぬかと思った話
忘れられない夏休み
人生で一番運が良かったなと思う出来事
私について
もっとも尊敬する人
人生が変わった出来事
仕事での大失敗
わたしの初恋と、その結末
誰にも言っていない秘密
苦手だったのに得意になったエピソード
そういえば昔夢見ていたこと
わたしがやめられないもの
誰かに聞いてもらいたい愚痴
私の変えたい過去
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話