"お兄ちゃん的存在" に関するエピソード

「人生最大の失恋話」

43歳 女性のストーリー
もう20年も昔の事ですが私には大好きな3つ年上の幼馴染のKくんがいました。
幼馴染と言っても毎日会えるわけではなく毎年夏休みに父の田舎で会うだけの仲でした。
彼は本当に優しくてカッコいいお兄ちゃん的存在で初めて会ったのが私が小学校の低学年。
あまりに素敵なので同級生の男子には目もくれず毎年夏だけ一緒に過ごすKくんに20歳過ぎまで一筋でした。
私の好き好き攻撃は妹がお兄ちゃんにまとわりついているようなものだったんでしょうね。
最後までKくんには相手にしてはもらえませんでした。
あれは忘れもしない私が22歳の夏。K君が7歳年上の彼女を田舎に連れて来たのです。
その彼女は32歳の大人の女性でどこか陰のある美人さんでした。
Kくんの手前愛想よく彼女にもあいさつしたのですが彼女は私の気持ちを見抜いていたのか無言で会釈をするだけでした。
私とは真逆のタイプの女性で自分が落ち着きのないガキんちょだとまざまざと悟ったのです。
彼女を交え夜にバーベキューをしたのですが「あの人と結婚しようと思う」とKくんに聞かされショックで目の前が真っ暗になりました。
その後の記憶があいまいなのは当時の私にとってこの失恋は相当なダメージだったんだと思います。
言葉通り翌年の夏にその彼女と結婚し今では3児のパパです。
Kくんは結婚後田舎に遊びに来る事が無くなり私たちは疎遠になりました。
この失恋は現在良い思い出になって居ますが後にも先にも彼ほど素敵な人はいないと心のどこかで思っています。
その為彼氏が出来てもなかなか結婚に踏み切ることができないのが目下の悩みです。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
独身っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
こんなひといました
今だから言えるごめんなさい
人が豹変した話
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りの大恋愛
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りで一番勉強ができた人
これまでに出会った天才
わたしの周りで大変身した人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
○○の裏話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
家族に一番感謝したこと
女同士って面倒くさいと思った話
女って本当に恐いと思った瞬間
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
どうしても許せないこと
嘘みたいなほんとの話
一番おいしかった食べ物
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
これまでに一番勇気を出した瞬間
これまでで一番悲しかった時
忘れられない夏の思い出
これまでで一番驚いた話
学校や仕事をサボってやったこと
忘れられない夏休み
とっておきのすべらない話
一番の苦労話
人生最大の修羅場
これまでで一番笑った話
これはひどいなと思った結婚式
修学旅行の思い出
死ぬかと思った話
奇跡だと思った話
お金さえあればと感じた瞬間
人生最大の失恋話
今までで体験した一番怖い体験
今までで一番感動した話
これまでで一番お金を無駄にした話
人を見返してやった話
人生で一番贅沢した話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
忘れられない先生の話
私について
誰にも言っていない秘密
誰かに聞いてもらいたい愚痴
わたしがやめられないもの
人生が変わった出来事
苦手だったのに得意になったエピソード
私の変えたい過去
もっとも尊敬する人
そういえば昔夢見ていたこと
わたしの初恋と、その結末
仕事での大失敗
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話