"Aさん夫婦" に関するエピソード

「人が豹変した話」

26歳 女性のストーリー
私の母の話です
母は24歳の時に結婚し、社長令嬢として何不自由ない生活をしていた実家を離れ田舎の団地に嫁いできました。
母はもともと奥ゆかしい性格で父の言うことには背きもせず文句も言わず3歩下がって夫を立てる良き妻でした。
ただ、嫁いだ先が悪かった。
義実家からのイジメや小姑からの小言にも耐えている母の事はよく覚えてます。
父はジャイアンの悪いところを濃縮して固めたような性格で、暴力は当たり前。
お酒を毎日飲んでは、いかに母が劣っているか説教をする父でした。
その中には、専業主婦である母は役立たずだと罵る内容が多く、そのほかには非の付け所もないのか延々と罵るのです。
私には、毎日毎日罵られていた母がもう父の言う事を黙って聞くロボットのように見えていました。

ある日、父が友人だと言うAさん夫婦を家に連れてきました。
Aさん夫婦は夫婦でネットワークビジネスをしておりとても裕福な生活をしていると父に話していました。
Aさんの奥さんが何も取り柄のない私でもこのように稼げたと言った時、父が面白半分でいいました。
何もできない私の母でもできるのか、なら好きにしていいからお金を作って来いと
母は従いました。
そこから毎日Aさん夫婦は家に来るようになりました。
元々社長令嬢で身のこなしや作法の綺麗な私の母はいい広告塔になると踏んだのでしょう。
洗脳が始まったのです。
幼い私の幼稚園に行っている間に洗脳が始まったのです。

初めは母が明るくなりしゃべるようになり身だしなみを整えるようになり生き生きしている姿を見て私も嬉しかったのを覚えています。
みるみるうちに変わって行く母を
ある日言い出した張本人である父が色気付いてどこの男と街を歩いているのだ、売春婦かお前はと罵るようになりました。
この頃にはA夫婦に洗脳されている母は、このビジネスを理解出来ないものは虫ケラだと生きる価値の無いものだといいわたしにも良さを強要してくるようになっていました。
父もその虫ケラになってしまったのでしょう。
良い妻であった母は全く居なくなってしまったのです。
母は父に歯向い、私を無視し、仕事だといいビジネスの仲間達を一緒に過ごしています。
まるで、今が青春だと言わんばかりに輝いています。


私の両親は離婚し、私は祖母の家に預けられました。
母は母ではなくなってしまいました。
もう大人になった私は今でも昔の母に会いたいとおもっています。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
こんなひといました
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りの大恋愛
あの人と縁を切ってよかった
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
今だから言えるごめんなさい
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
これまでに出会った天才
人が豹変した話
ノウハウ
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
家族に一番感謝したこと
女って本当に恐いと思った瞬間
女同士って面倒くさいと思った話
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
人生最大の失恋話
これまでで一番お金を無駄にした話
忘れられない夏休み
一番おいしかった食べ物
一番の苦労話
忘れられない夏の思い出
これまでで一番笑った話
奇跡だと思った話
死ぬかと思った話
人生で一番贅沢した話
これまでに一番勇気を出した瞬間
これはひどいなと思った結婚式
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
今までで体験した一番怖い体験
人を見返してやった話
人生最大の修羅場
とっておきのすべらない話
今までで一番感動した話
嘘みたいなほんとの話
これまでで一番驚いた話
どうしても許せないこと
人生で一番運が良かったなと思う出来事
忘れられない先生の話
お金さえあればと感じた瞬間
これまでで一番悲しかった時
学校や仕事をサボってやったこと
修学旅行の思い出
私について
そういえば昔夢見ていたこと
誰かに聞いてもらいたい愚痴
わたしの初恋と、その結末
誰にも言っていない秘密
仕事での大失敗
苦手だったのに得意になったエピソード
もっとも尊敬する人
わたしがやめられないもの
私の変えたい過去
人生が変わった出来事
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話