"高校卒業後地元" に関するエピソード

「わたしの初恋と、その結末」

28歳 女性のストーリー
"わたしの初恋は小学1年生です。同じクラスの男の子です。カッコよくて足が速いその子はクラスでも人気者でした。初めての席替えで隣の席になったのをきっかけに仲良くなりました。そこから中学3年生までずっと奇跡的に同じクラスでした。隣の席になることが多くわたし的にはとても仲良かったと思います。しかし中学校に上がると異性と話すとからかわれてしまうようになってしまい、なかなか話すことができなくなってしまいました。しかし運良く席が隣になる運はまだ持ち合わせていたようで何回も隣の席になりました。隣の席になると昔のように仲良く話すことができ、授業中にこっそり話すのが唯一の楽しみでもありました。
しかし、彼がモテるのは相変わらずで人気者。クラスの女子の人気は高まるばかりで、授業中以外彼と話すことはできなくなりました。
告白する勇気もないし、今のゆるい関係のままの方が彼と話せてよかったのもあり結局何にもないまま卒業しました。

その後20歳の成人式の日、中学の同窓会がありました。彼に会ってみたかったのもありましたが、高校卒業後地元を離れていたので参加が遅れました。
遅れていくともう盛り上がっていた会場にびっくりして端っこで様子を伺っていると、「◯◯来ないかと思ったよ。久しぶり、元気だった?」と彼に話しかけられました。その後彼とは思い出話に花が咲き、盛り上がりました。たくさん話せて嬉しかったのですが、肝心の連絡先を聞きそびれました。

その後、彼と仲が良い男友達から実は彼はわたしのことが好きだったことを聞きました。同窓会の日に告白しようと思ったけど勇気がなく告白できなかったとのことでした。とっても嬉しかったのですがそのときすでに彼氏がいたのでこの恋は実ることはありませんでした。彼がわたしを好きでいてくれた時期とわたしが彼に恋をしていた時期は同じでした。初恋が実らないのは本当なんだなと思いました。"
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
今だから言えるごめんなさい
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしの周りで一番お金持ちの人
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りの大恋愛
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
人が豹変した話
わたしの周りで大変身した人
これまでに出会った天才
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
業界ならではの話
人間関係
家族に一番感謝したこと
女って本当に恐いと思った瞬間
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
これまでで一番悲しかった時
嘘みたいなほんとの話
奇跡だと思った話
一番の苦労話
どうしても許せないこと
死ぬかと思った話
人を見返してやった話
お金さえあればと感じた瞬間
学校や仕事をサボってやったこと
修学旅行の思い出
とっておきのすべらない話
忘れられない夏休み
これまでに一番勇気を出した瞬間
一番おいしかった食べ物
人生最大の修羅場
今までで体験した一番怖い体験
これまでで一番お金を無駄にした話
人生最大の失恋話
忘れられない先生の話
これまでで一番驚いた話
人生で一番贅沢した話
これはひどいなと思った結婚式
人生で一番運が良かったなと思う出来事
これまでで一番笑った話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
忘れられない夏の思い出
今までで一番感動した話
私について
わたしがやめられないもの
誰にも言っていない秘密
もっとも尊敬する人
仕事での大失敗
人生が変わった出来事
わたしの初恋と、その結末
そういえば昔夢見ていたこと
苦手だったのに得意になったエピソード
私の変えたい過去
誰かに聞いてもらいたい愚痴
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間