"脳内" に関するエピソード

「誰かに聞いてもらいたい愚痴」

31歳 女性のストーリー
自慢ではありませんが私はよく人に道を聞かれたりするタイプの人当たりが良さそうな顔をしています。正直性格はそこまで穏やかではないですし、自分を犠牲にしてまで人に何かをしてあげようと思うほどお人好しではありません。
ある日、毎月の生活費を入金しようと思い郵便局へ出かけました。その郵便局はATMが1台しかなくタイミングによっては多少待つこともあります。私がその場に着いたとき3人が並んでいました。正直早く済ませたいと思っていたので少しイラつきました。一人目が終わり二人目の母(祖母?)娘が使い始めると振込にとても手間取っていました。大きな独り言を言いながら機械の操作に手間取り、約5分・・。「いやあ、良く分からん、出来ん。後ろの人に悪いわね!変わろうか!」と言いました。内心(始めからさっさと諦めて譲れよ・・)と思っていたのですが、そのおばさんはなんと私の前に割り込むのです。カチンときた私は「すいません、順番並んでるんですけど。」というと「いや、一人譲ったからいいでしょ。」と訳の分からない言い分。普通並びなおすなら一番最後尾につきますよね?!結局私もう一度「私も順番待ちしてるので私の後ろに並んで下さい。」キレた口調で返すとそのおばさんは「あら怖い、いいわいいわ、○○ちゃんこっちに並び直そう。いやあ、振込難しいわあ・・」とまた独り言をいいながら後ろに並びました。娘も娘で、我関せずな態度でスマホをイジイジ・・。お前の母(祖母?)が意味不明な理論かましてるの聞いてるなら諭すなり、たしなめるなりせんかい!と一人脳内でキレていました。世の中こんな変な言い分を突き通そうとする老害が多くありませんか?またそれを見てもなにも思わない若者も変じゃないですか?
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
自分は特別だと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしの周りの大恋愛
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
今だから言えるごめんなさい
これまでに出会った天才
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしの周りで一番お金持ちの人
人が豹変した話
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで大変身した人
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
業界ならではの話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
女同士って面倒くさいと思った話
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
人を見返してやった話
忘れられない夏の思い出
一番の苦労話
とっておきのすべらない話
奇跡だと思った話
人生最大の修羅場
人生最大の失恋話
今までで一番感動した話
一番おいしかった食べ物
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
お金さえあればと感じた瞬間
これまでで一番驚いた話
これまでに一番勇気を出した瞬間
忘れられない先生の話
これはひどいなと思った結婚式
どうしても許せないこと
忘れられない夏休み
死ぬかと思った話
今までで体験した一番怖い体験
これまでで一番お金を無駄にした話
嘘みたいなほんとの話
これまでで一番悲しかった時
人生で一番運が良かったなと思う出来事
人生で一番贅沢した話
修学旅行の思い出
学校や仕事をサボってやったこと
これまでで一番笑った話
私について
そういえば昔夢見ていたこと
私の変えたい過去
人生が変わった出来事
誰にも言っていない秘密
わたしの初恋と、その結末
誰かに聞いてもらいたい愚痴
もっとも尊敬する人
わたしがやめられないもの
苦手だったのに得意になったエピソード
仕事での大失敗
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間