"生徒会活動" に関するエピソード

「人生で一番運が良かったなと思う出来事」

37歳 女性のストーリー
進学したい短大に、系列の高校があることが志望校を決める直前に判明したことです。私は中学生の頃に苦手教科があったせいで、もともとの志望校を目指すのはちょっと無理だろうと悩んでいました。でも、高校の数が少ない地域なのでランクを落とすとどこの大学にも行けないような勉強しかできない可能性が高くなるリスクがあったのです。
そんな頃、授業で地元の高校をグループ別に調べようということになりました。私は別の高校を調べていたのですが、ふっとスカートに何か当たるのを感じたら隣のグループが調べていた高校のパンフレットだったのです。それを見たら進学したい短大の系列校だと書いてあるではありませんか!しかも、その当時の私の成績でも特進コースに入れる可能性があると知って、とても驚きました。
早速、その日から家族を説得しにかかったのは言うまでもありません。というのも、もともとその学校は成績下位者の受け皿だから信用できないと家族に言われていたのです。しかし、もともと私が進学を希望していた短大は家族の事情で、ここならまあ出してあげられるからここへ行きなさいと小さい頃から言われ続けていた学校。私が頑張ればその短大への系列校推薦が取れるし、中学から高校へもここならば今の成績で推薦が出せるって先生に言われたし一石二鳥じゃない?と家族を口説き落としました。
結果は万々歳。特進だったおかげで成績は大いに伸びましたし、系列校推薦も最初の思惑通りばっちり取れて、短大まで勉強や部活・生徒会活動を満喫できました。短大でたくさんの資格を取得できたのも、高校である程度マルチタスクな勉強の仕方を身につけられたからだと思います。また、短大で取得した資格はもちろんですが、高校の生徒会で身に着けたスキルも今の仕事に役立っています。あの時、母校のパンフを見られたこと。それが本当に運のよかったことだと思います。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
人が豹変した話
わたしの周りで一番お金持ちの人
これまでに出会った天才
わたしの周りで大変身した人
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りの大恋愛
ノウハウ
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
人間関係
女って本当に恐いと思った瞬間
女同士って面倒くさいと思った話
家族に一番感謝したこと
一番ひどい友達からの裏切り
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
今までで体験した一番怖い体験
今までで一番感動した話
どうしても許せないこと
人生最大の失恋話
人生最大の修羅場
とっておきのすべらない話
これまでで一番驚いた話
これまでで一番悲しかった時
修学旅行の思い出
忘れられない夏休み
学校や仕事をサボってやったこと
嘘みたいなほんとの話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
一番の苦労話
これまでで一番お金を無駄にした話
これまでで一番笑った話
忘れられない夏の思い出
人生で一番運が良かったなと思う出来事
奇跡だと思った話
死ぬかと思った話
人を見返してやった話
人生で一番贅沢した話
忘れられない先生の話
一番おいしかった食べ物
お金さえあればと感じた瞬間
これまでに一番勇気を出した瞬間
これはひどいなと思った結婚式
私について
もっとも尊敬する人
苦手だったのに得意になったエピソード
私の変えたい過去
わたしの初恋と、その結末
誰かに聞いてもらいたい愚痴
わたしがやめられないもの
そういえば昔夢見ていたこと
誰にも言っていない秘密
仕事での大失敗
人生が変わった出来事
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話