"新潟" に関するエピソード

「嘘みたいなほんとの話」

48歳 男性のストーリー
 私、今年の1月20日に、幽霊を見たんですよ。生まれてはじめて。驚きましたねー。
 JR新潟駅の構内。万代口東通路の少階段のある曲がり角。朝早い時間でした。白人女性型の、幽霊なんでしょうねー。ほんとに脚がないんですよ。足首の辺りから先がありませんでした。
 そこにいるわけではなくて、3Dでもないんでしょうね。亜空間違いなんでしょうか。そこに、光のような、魔法性質というんでしょうか。そういったものが、あるような気がしたんですね。
 顔はわかりませんでした。ただ、白いドレスを着ていたような感じでした。「見た」と言っても、「見えた」部分がある、ということなんですね。身長は、188.3センチという感じ。脚があれば、の話ですね。

「人生が変わった出来事」

27歳 男性のストーリー
社会人になり、新潟で働くことになりました。今まで、実家をほとんど出た経験がなく、初めて知らない土地での一人暮らしです。一年くらい過ぎた頃、当時付き合っていた彼女と別れ、別の女性と付き合うことになりました。しかし、その方は3児の母で、結婚もしています。その方はとても素直で優しい人で、最初はあまり会わなかったのですが、徐々に会う回数も増えていき、次第に一緒にいるのが、連絡を続けるのが当たり前になっていました。そして、自分はこの人と一緒になりたいと思うようになりました。しかし、一緒になるには色々なハードルを越えなければなりません。離婚のこと、子供のことなど彼女は真剣に悩んでくれています。こんなに大切にしたいと思った人に出会ったのは初めてで、今も返事を待っています。

「奇跡だと思った話」

23歳 男性のストーリー
小学2年生の時に実家の新潟県に帰省した時に、地元の従妹と駄菓子屋に行き箱に入っているガムを1つ購入しました。そしてアタリが出たのでまたもう1つ購入しました。するとまたアタリが出てまたもう1つ購入しました。それがなんと10回以上連続でアタリが出て駄菓子屋のおばちゃん店主が調べてみると、その10円ガムの箱の全てがアタリくじ入りの箱で後々その駄菓子のおばちゃんに聞いたらその箱の事を店主が企業に電話すると誤封入した10円ガムの箱らしくかなり珍しい箱で本当に申し訳ないと謝られたそうです。このおかげで私は100円くらいでかなりの量の10円ガムを食べる事が出来ました。この奇跡の体験は今でも忘れない体験で従妹も今でも覚えています。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
こんなひといました
これまでに出会った天才
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りで大変身した人
今だから言えるごめんなさい
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
人が豹変した話
わたしの周りの大恋愛
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
○○の裏話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
学校や仕事をサボってやったこと
これまでに一番勇気を出した瞬間
これまでで一番お金を無駄にした話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
忘れられない夏休み
これまでで一番驚いた話
人生最大の失恋話
今までで一番感動した話
奇跡だと思った話
人生最大の修羅場
一番おいしかった食べ物
忘れられない先生の話
とっておきのすべらない話
忘れられない夏の思い出
人生で一番運が良かったなと思う出来事
一番の苦労話
人を見返してやった話
お金さえあればと感じた瞬間
嘘みたいなほんとの話
今までで体験した一番怖い体験
死ぬかと思った話
これまでで一番笑った話
修学旅行の思い出
どうしても許せないこと
人生で一番贅沢した話
これまでで一番悲しかった時
これはひどいなと思った結婚式
私について
人生が変わった出来事
誰かに聞いてもらいたい愚痴
誰にも言っていない秘密
わたしがやめられないもの
そういえば昔夢見ていたこと
仕事での大失敗
もっとも尊敬する人
苦手だったのに得意になったエピソード
わたしの初恋と、その結末
私の変えたい過去
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話