"好奇心" に関するエピソード

「今だから言えるごめんなさい」

23歳 女性のストーリー
 LINEが普及し、ID検索に関しても制限なく自由にできていた時代のお話です。当時、高校に入学し携帯を買ってもらったばかりの頃、常識も知らなかった私は、検索からやってきた知らない人ともLINE上でのやりとりを行っていました。変な人も居ましたが、その当時は好奇心旺盛、もはや好奇心の固まりで、何の危機感もなくしていたんです。今思うと、ありえない行為ですが…(笑)
そんななかで、ある一人の同年代の子と繋がりました。その子は、恋愛体質といえば良いのか、とにかくネット上で何股もかけているような子でした。そして、寂しがり屋なのか電話を毎日かけてきてLINEも数分で返してくるよう求めてくるくらいでした。部活もろくにしていなかった私は、暇だったのでその子の要望に応えるように毎日連絡を取り合っていました。(今では、そんな時間も余裕もないのでありえませんが笑)
その付き合いは、私が受験に打ち込む前まで続いたような気がします。その期間で、この子を通じて後一人ほどメンヘラ気質の子と連絡を取り合うまでの仲になりました。ですが、2人とも気分の浮沈みが激しく、その子たちの話を聞いているうちに私までつられるようにして気分が落ち込むようになってきました。そして、そのような状況にだんだんと嫌気がさしてきたものの、自分を良い人だと思いたかった私はその子たちと縁を切れずにいました。どうしても離れたかった私は、受験を理由にその子たちと距離置くようになりました。それからというもの、かかってくる電話には出ず、LINEのやりとりも半日経って返すなど段々と希薄な関係になるようにしていきました。そうして、長らく続いた関係も私が連絡を取り合うのしんどくなり、音信不通になって一方的に終わらせてしまいました。
 きっと今までも傷ついてきたであろう子たちに中途半端に関わり、私の都合で連絡を絶ってごめんなさい。
 
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
こんなひといました
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで一番勉強ができた人
これまでに出会った天才
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りで一番お金持ちの人
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りの大恋愛
人が豹変した話
ノウハウ
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
人間関係
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
一番ひどい友達からの裏切り
女同士って面倒くさいと思った話
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
忘れられない夏の思い出
これはひどいなと思った結婚式
忘れられない先生の話
今までで一番感動した話
学校や仕事をサボってやったこと
修学旅行の思い出
今までで体験した一番怖い体験
一番おいしかった食べ物
人生で一番贅沢した話
これまでで一番驚いた話
とっておきのすべらない話
人生最大の失恋話
これまでで一番お金を無駄にした話
これまでで一番悲しかった時
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
これまでで一番笑った話
嘘みたいなほんとの話
どうしても許せないこと
人生最大の修羅場
お金さえあればと感じた瞬間
人を見返してやった話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
死ぬかと思った話
これまでに一番勇気を出した瞬間
奇跡だと思った話
忘れられない夏休み
一番の苦労話
私について
誰かに聞いてもらいたい愚痴
もっとも尊敬する人
私の変えたい過去
誰にも言っていない秘密
わたしがやめられないもの
わたしの初恋と、その結末
仕事での大失敗
そういえば昔夢見ていたこと
苦手だったのに得意になったエピソード
人生が変わった出来事
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間