"卵かけ御飯" に関するエピソード

「これまでで一番悲しかった時」

57歳 女性のストーリー
悲しかった出来事といえば、肉親の死、友人の死や別れなど悲しい出来事を経験してきましたがそれは長い人生の中で出会う当然の悲しみで、幸い大きな悲劇には今のところ見舞われていません。
なので一番悲しかった時はいつだろうと思い起こすと、おそらく人生で最初の号泣した高校2年の時の失恋なのかもしれません。
割と喜怒哀楽の感受性が薄い子だったのですが、その時ばかりは一晩中泣いていました。
青春時代、多感な年頃ということもあったのか、それが今一番印象に残っています。
「他に好きな子ができたんだ」と当時付き合ってたボーイフレンドから告げられた時、
(しかも電話で)あまりの突然の事に一気に涙が溢れてきて「どうして?どうして?」としか言葉が出てきませんでした。
なぜか覚えているのは窓の外から聞こえた近所の盆踊りの太鼓と東京音頭のメロディ。
そしてもう一度会ってちゃんと話して欲しいと約束した朝、
まだショック状態の私は卵かけ御飯さえ喉をとおらず、あぁ悲しい時って本当にご飯が喉を通らないのだなぁとぼんやり考えていました。
今思えば、ちいさな青春時代の一ページかもしれませんが、あの朝ちょっと心配げな父の言葉とか茶碗のご飯のことを覚えているのはやはり一番印象に残っている悲しい時だったのかもしれません。

人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
独身っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
こんなひといました
人が豹変した話
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしの周りの大恋愛
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
今だから言えるごめんなさい
これまでに出会った天才
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
あの人と縁を切ってよかった
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
業界ならではの話
人間関係
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
これまでで一番悲しかった時
忘れられない夏の思い出
これまでで一番笑った話
学校や仕事をサボってやったこと
人生で一番贅沢した話
忘れられない夏休み
人生最大の修羅場
人生最大の失恋話
とっておきのすべらない話
忘れられない先生の話
嘘みたいなほんとの話
お金さえあればと感じた瞬間
これまでに一番勇気を出した瞬間
これまでで一番お金を無駄にした話
一番おいしかった食べ物
奇跡だと思った話
今までで体験した一番怖い体験
人生で一番運が良かったなと思う出来事
人を見返してやった話
一番の苦労話
どうしても許せないこと
今までで一番感動した話
これまでで一番驚いた話
これはひどいなと思った結婚式
死ぬかと思った話
修学旅行の思い出
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
私について
誰にも言っていない秘密
もっとも尊敬する人
わたしがやめられないもの
そういえば昔夢見ていたこと
私の変えたい過去
苦手だったのに得意になったエピソード
仕事での大失敗
人生が変わった出来事
わたしの初恋と、その結末
誰かに聞いてもらいたい愚痴
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間