"内部進学生" に関するエピソード

「人が豹変した話」

24歳 女性のストーリー
 学生時代の事です。
 私の担任をしていた先生は初担任と言う事で最初の頃は緊張しながらも慎重に物事を行い、丁寧な仕事を心掛けているようでした。受け持ちの授業も工夫を加えようとしているように感じました。
 ですが私の学校のは内部進学が存在し内部進学生が慣れなどもあり強い学校でもありました。そんな生徒にとって先生はからかうには丁度良かったのでしょう。
 ただイジメか? と言われると少し違うと当時から思ってました。からかうと言っても陰湿な事はせず、じゃれ合いに近いですし他の先生のも親しみを込めて同じような言葉を言うなど、彼女等なりに親しみの言動だったのだと思います。
 ですが先生にとっては違ったのでしょう。先生の対応が段々変わっていったのです。自分を被害者と嘯き、周囲に過剰に助けを求め私達生徒を悪しように言い、自分の正当性を主張するようになったのです。
 私達に向けても正論ではあるが情に欠ける無味乾燥な言葉しか言わなくなり、生徒と向き合う事を疎かにしだしました。
 私が一番酷いと感じたのは私達の進路に深く関わる成績会議を自分の心情を優先し休もうとした事です。その時は副担任に強い口調で叱責され泣きわめき学年主任に泣きついたとの事です。

 もしかしたら生徒のからかいがそこまで先生を追い詰めたのかも知れません。ですが、実は豹変する前からその片鱗は見えていました。授業中の言動などで垣間見えていたのです。
 ですから今でも私達は先生に過剰な同情はしていません。ただ少しばかり憐れみは感じています。
 その先生は私達の卒業と共に結婚して退職しました。私達は最初で最後の受け持ちの生徒と言う事になります。彼女の中で私達は何処までも悪役なのでしょう。それでも私達は構いませんが、彼女は先生に向かない人だったのだとしみじみ思うばかりです。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
自分は特別だと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
こんなひといました
わたしの周りの大恋愛
人が豹変した話
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
これまでに出会った天才
今だから言えるごめんなさい
ノウハウ
○○の裏話
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
家族に一番感謝したこと
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
これまでで一番お金を無駄にした話
人生で一番贅沢した話
とっておきのすべらない話
奇跡だと思った話
お金さえあればと感じた瞬間
これはひどいなと思った結婚式
一番の苦労話
これまでに一番勇気を出した瞬間
人を見返してやった話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
人生最大の修羅場
今までで一番感動した話
忘れられない夏の思い出
修学旅行の思い出
学校や仕事をサボってやったこと
死ぬかと思った話
今までで体験した一番怖い体験
嘘みたいなほんとの話
一番おいしかった食べ物
これまでで一番笑った話
忘れられない先生の話
これまでで一番悲しかった時
人生最大の失恋話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
どうしても許せないこと
これまでで一番驚いた話
忘れられない夏休み
私について
誰かに聞いてもらいたい愚痴
私の変えたい過去
そういえば昔夢見ていたこと
仕事での大失敗
苦手だったのに得意になったエピソード
もっとも尊敬する人
わたしの初恋と、その結末
人生が変わった出来事
わたしがやめられないもの
誰にも言っていない秘密
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話