"不寛容" に関するエピソード

「これまでの人生で悟ったこと」

34歳 男性のストーリー
私がこれまでの人生で悟ったこと。
それは、「不寛容な意識が、人間社会を貶めていく。」です。
なんだそれはとお思いになるでしょうが、個人的には最近、それをヒシヒシと感じています。
「あまりにも現代人は文句が多すぎる。」それが率直な考えです。
文句を言うなと言いませんが、言い方・伝え方の問題です。
人を簡単に傷付けたり罵倒したり、その上、発言者は自分の言葉に責任を持たない。
現代はネットで簡単に他者とつながったり、自分の意見を伝えやすくなった。それは便利な反面、匿名性が高いが故に、発言者の態度も大きくなったり攻撃的になったりする。昨今のネットバッシングなどはひどいですよね。自分に関係ないことでも悲しくなったりします。
「何もそこまで言わなくても…。」
「以前はこんなに非難されるようなことだったか?」
ニュースなどの報道でもいろいろ取り上げられて、これが現実だと思うと残念です。
時に人を正すためには、厳しい言葉は必要になります。
しかし、それは相手を思ってのこと。それがなければ罵詈雑言の類でしかない。
「怒りっぽい人が増えたのか?」
「世の中に不満が多すぎるのか?」
いずれにしても、もう少し寛容な精神は在るべきです。
「何でもかんでも許せない、気に入らない。」
そんな思想が蔓延したら一度失敗した人は立ち直れない…。
救える人を救おうとしない社会に未来はない。
少し大袈裟かもしれませんが、これは憂いです。
まだまだ人間、捨てたもんじゃないなと思える世の中になればと切に願います。
もちろん、自分も社会の一員として努力しなければいけませんが…。
長文失礼失礼しました。悟りというより懸念ですね(笑)
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
こんなひといました
わたしの周りで一番勉強ができた人
人が豹変した話
これまでに出会った天才
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りの大恋愛
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りで一番お金持ちの人
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
○○の裏話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
女って本当に恐いと思った瞬間
一番ひどい友達からの裏切り
家族に一番感謝したこと
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
これまでに一番勇気を出した瞬間
人生最大の失恋話
人生最大の修羅場
学校や仕事をサボってやったこと
奇跡だと思った話
人生で一番贅沢した話
忘れられない夏休み
どうしても許せないこと
忘れられない先生の話
これまでで一番悲しかった時
忘れられない夏の思い出
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
今までで一番感動した話
とっておきのすべらない話
人を見返してやった話
これまでで一番驚いた話
お金さえあればと感じた瞬間
今までで体験した一番怖い体験
これまでで一番お金を無駄にした話
嘘みたいなほんとの話
死ぬかと思った話
修学旅行の思い出
一番おいしかった食べ物
人生で一番運が良かったなと思う出来事
これはひどいなと思った結婚式
一番の苦労話
これまでで一番笑った話
私について
誰かに聞いてもらいたい愚痴
わたしがやめられないもの
わたしの初恋と、その結末
そういえば昔夢見ていたこと
もっとも尊敬する人
誰にも言っていない秘密
苦手だったのに得意になったエピソード
人生が変わった出来事
私の変えたい過去
仕事での大失敗
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話