"フルーツ" に関するエピソード

「一番おいしかった食べ物」

32歳 男性のストーリー
神田にあるボンディというカレー屋さんのカレーです。
友達とスノボのウェアを安く買うために街を練り歩いていました。途中までテンション高かったのですが終盤はお腹が空いてみんな沈黙…
そこで歩いていてたまたま目に入ったお店に入りました。
お通しでジャガイモが出てきてびっくり。そこからさらにカレーのうまさにみんなで驚きました。最初はしっかりとした辛味とカレーの芳醇な香りが口の中に行き渡り、その後急にフルーツでも食べたかのような甘味が口の中を通り抜けます。こんなに美味しいカレーは今まで食べたことがありませんでした。
このカレーを食べてから自分でスパイスを調合してカレーを作るようになりました。

後日たまたま神田カレーグランプリの初代優勝店というのを知りとても嬉しくなりました。
21歳 女性のストーリー
実は私、医者の娘でありますので、A5ランクのお肉ですとか、県外から取り入れた高級なフルーツですとか、いろんな美味しいものを父が家族のために買ったり、みんなで食べる機会が多かったです。
その為、高級な食材を使って家庭料理を食べたり、美味しいレストランテなどに連れてっていただくことまでありました。

自慢話(凄いのは決して私ではなく、責任重大で、プライベートも削る、プロフェッショナルな仕事をする父が凄いのですが)をお話しの導入にしてしまいました。とにかく、特別な時には美味しい物を食べさせて頂く機会が多々ありました。(父はお百姓さんの息子、母も自転車屋の娘でしたので、庶民的な舌を持っているため、家族で牛丼やマクドナルドなど普通に食べますよ)

その中で今回一番美味しかった食べ物は、父が家でフランベしてお料理してくれた、A5ランクの飛騨牛のサーロインステーキです。お醤油をお肉につけて食べるのが本当に美味しかった。家族団欒、わいわいしながら、お腹いっぱい美味しいお肉を食べ、幸せになっていたから余計においしく感じました。
43歳 男性のストーリー
自分が一番美味しいと思った料理はトマトの冷製スープです。そのスープは結婚式場を選ぶ時の体験で出された料理の中で出てきたスープですがその美味しさのあまりそこの結婚式場で結婚式をすることに決めました。どういったスープかというとトマトをそのままミキサーで潰して少しだけ生クリームを加え、塩、胡椒で味付けをするといった作り方はとてもシンプルなものです。その味はというと普段は生のトマトは嫌いで食べる事が出来ないのですが、そのスープのトマトはフルーツのような甘みがあるのとトマトの旨味が凝縮されており更にそこへ生クリームのコクが加わり、甘み、旨味、コクがあるのですが、後味はトマトの酸味がサッパリとさせるといったとても美味しいスープでした。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
独身っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
こんなひといました
わたしの周りの大恋愛
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りで一番勉強ができた人
あの人と縁を切ってよかった
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りで一番お金持ちの人
人が豹変した話
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
これまでに出会った天才
今だから言えるごめんなさい
ノウハウ
業界ならではの話
○○の裏話
異性は知らないなと思う話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
女同士って面倒くさいと思った話
家族に一番感謝したこと
女って本当に恐いと思った瞬間
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
これまでに一番勇気を出した瞬間
人を見返してやった話
今までで体験した一番怖い体験
死ぬかと思った話
人生最大の失恋話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
奇跡だと思った話
とっておきのすべらない話
これまでで一番笑った話
嘘みたいなほんとの話
これまでで一番驚いた話
忘れられない先生の話
学校や仕事をサボってやったこと
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
これはひどいなと思った結婚式
これまでで一番悲しかった時
今までで一番感動した話
お金さえあればと感じた瞬間
一番の苦労話
人生最大の修羅場
忘れられない夏の思い出
修学旅行の思い出
一番おいしかった食べ物
どうしても許せないこと
人生で一番贅沢した話
これまでで一番お金を無駄にした話
忘れられない夏休み
私について
もっとも尊敬する人
人生が変わった出来事
私の変えたい過去
わたしの初恋と、その結末
仕事での大失敗
誰かに聞いてもらいたい愚痴
そういえば昔夢見ていたこと
誰にも言っていない秘密
わたしがやめられないもの
苦手だったのに得意になったエピソード
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間