"ニューヨーク" に関するエピソード

「修学旅行の思い出」

22歳 女性のストーリー
わたしの修学旅行の思い出で一番印象に残っているのが、高校生卒業旅行です。その旅行先がカナダで一週間の旅行で、各首都を巡る旅行でした。トロント、バンクーバーなど巡り一生に残る思い出となりました。特にその旅行の中で印象に残っているイベントとしては、2つあります。1つ目は、氷河を見学したことです。氷河期時代から残っている氷河の上を歩くことができ、地球温暖化の現実味や太古の昔の環境を肌で感じることができました。2つ目は、メジャーリーグへの観戦です。たまたまその時は、ゴジラと呼ばれたホームラン王、松井選手がニューヨークヤンキースからカナダへチーム移行していたことやマリナーズ戦の観戦でしたので、ゴジラ対イチローの対決をカナダで見ることができ、非日常を感じました。

「一番ひどい友達からの裏切り」

33歳 女性のストーリー
小学校からの幼なじみで、1番の親友。
中学生になってから、私への執着が始まり、リストカットや、自殺未遂をするように。私は、彼女から逃げたかったのもあり、高校生になって、留学を考えるようになった。少し、距離を置けば、きっと執着心は、なくなると思ったから。
高校を卒業して、私はニューヨークへ語学留学した。最初のうちは、毎日メールと電話のやりとりがあったが、それも少しずつ減っていき、一年後には、一ヶ月に一回程度連絡を取る仲になって、私は、ほっとしていた。良い関係が築けていると思っていた。
ある日、母からの突然の電話。彼女が、事故で亡くなったと。信じる事ができなかった。
次の日のフライトで、私は日本へ帰った。司法解剖があった為、その二日後が葬式だった。
事故の原因を聞くと、彼女は、周りに内緒で、デリヘルの仕事をしていた。その派遣先へ向かう途中の高速道路で、タイヤがパンクし、車が転倒し、即死だったらしい。
彼女は、親友だと思っていたけど、私に嘘ばかりついていたようだ。
彼女の死も、彼女の嘘も、全てが裏切られたように感じました。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りの大恋愛
今だから言えるごめんなさい
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで一番お金持ちの人
これまでに出会った天才
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りで一番勉強ができた人
人が豹変した話
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
ノウハウ
○○の裏話
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
家族に一番感謝したこと
女同士って面倒くさいと思った話
女って本当に恐いと思った瞬間
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
嘘みたいなほんとの話
一番の苦労話
奇跡だと思った話
忘れられない先生の話
人生で一番贅沢した話
これはひどいなと思った結婚式
忘れられない夏の思い出
お金さえあればと感じた瞬間
これまでで一番笑った話
これまでに一番勇気を出した瞬間
人生最大の失恋話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
死ぬかと思った話
人を見返してやった話
人生最大の修羅場
一番おいしかった食べ物
忘れられない夏休み
今までで一番感動した話
とっておきのすべらない話
学校や仕事をサボってやったこと
修学旅行の思い出
どうしても許せないこと
これまでで一番お金を無駄にした話
これまでで一番悲しかった時
今までで体験した一番怖い体験
これまでで一番驚いた話
私について
誰かに聞いてもらいたい愚痴
誰にも言っていない秘密
わたしがやめられないもの
もっとも尊敬する人
人生が変わった出来事
仕事での大失敗
私の変えたい過去
そういえば昔夢見ていたこと
苦手だったのに得意になったエピソード
わたしの初恋と、その結末
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話