"ティッシュ" に関するエピソード

「苦手だったのに得意になったエピソード」

35歳 女性のストーリー
小さいころ、お肉が食べられなかった私。
肉をいつまで噛んで、どうやって飲み込むのかがわからなかった。筋だけになった肉をいつまでも口に含み、親が見ていない時にティッシュにくるんで捨てるのだった。
小学生のある誕生日の夜、父に誘われて2人でステーキを食べに行った。そこで食べた肉は、あっという間に口の中からなくなり、溶けるようになくなった。
私は、とてもうれしくなり父を見上げた。このお肉、おいしいね!と喜ぶ私の頭を、父は少しの笑顔と「ごめんな」の言葉とともになでてくれた。
当時3人兄弟の弟が長期入院し、安いお肉しか食べてなかったと気付いたのは大人になってから。
きっと家族5人でステーキを食べる予算がなくて私だけ連れて行ってくれたのだろう。
あの時の父の悲しそうな笑顔を忘れない。
赤身ステーキの流行、私は大歓迎だ。

「人生最大の失恋話」

23歳 女性のストーリー
高校生の時に両思いで付き合った彼氏がいたのですが、クリスマスに遊ぶ約束をしてて、クリスマス当日に『ごめん、遊べなくなった』とドタキャンされた上に、夜に電話して『なにしてるの?』て聞いたら『女と遊んでる』って言われて、電話越しで泣いてたら『俺、女と寝たしお前と別れるから』とか言われてなんの前フリもなく振られたのが人生最大の失恋話です。
振られた直後は道端で号泣してた上に、自宅に帰ってからもティッシュまるごと1箱使い切りました。その後、祖母から『若いんだから男の子なんて山ほどいる』って言われた時には、なんでこんなクズのために涙流してんだろうと冷静になり、悔しくなったので私から『もう私の目の前に現れないでね。サヨナラ』と言ってその人とお別れしました。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
独身っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
これまでに出会った天才
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしの周りで大変身した人
あの人と縁を切ってよかった
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りで一番お金持ちの人
人が豹変した話
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
○○の裏話
業界ならではの話
人間関係
家族に一番感謝したこと
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
今までで一番感動した話
一番の苦労話
どうしても許せないこと
忘れられない先生の話
これまでで一番笑った話
奇跡だと思った話
これまでで一番悲しかった時
修学旅行の思い出
これまでに一番勇気を出した瞬間
今までで体験した一番怖い体験
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
忘れられない夏休み
嘘みたいなほんとの話
人生最大の失恋話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
お金さえあればと感じた瞬間
これまでで一番お金を無駄にした話
人生で一番贅沢した話
死ぬかと思った話
とっておきのすべらない話
人を見返してやった話
人生最大の修羅場
学校や仕事をサボってやったこと
これはひどいなと思った結婚式
一番おいしかった食べ物
忘れられない夏の思い出
これまでで一番驚いた話
私について
苦手だったのに得意になったエピソード
私の変えたい過去
人生が変わった出来事
わたしがやめられないもの
わたしの初恋と、その結末
もっとも尊敬する人
誰にも言っていない秘密
誰かに聞いてもらいたい愚痴
そういえば昔夢見ていたこと
仕事での大失敗
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話