"消防車" に関するエピソード

「これまでで一番笑った話」

49歳 女性のストーリー
子供のころ、現場作業員の父親が、工事の資材置き場で廃棄物を燃やしていました。
あまりにも莫大な量を処理していたため、焼却炉から火災現場並みに燃えさかる火と煙が。
それを発見した近隣の住民が消防に通報したところ、10台ほどの消防車が駆けつけ、消防士が「大丈夫ですかーっ??」と救助のため父親の元へ。
そこできょとんとした父親の吐いた一言。
「おまえら何しに来たんだ?」
子供ごころに「父さん、此の期におよんで何を…」。
現場に居合わせた家族、従業員ともに苦笑いでした。
消防士さん並びに税金を納めている市民の皆さん、その節は父がご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでした。

今となっては笑えますが、子供のころの父親との衝撃的な思い出でした。

「どうしても許せないこと」

43歳 女性のストーリー
ごく最近で日本全国で有名な事件、京アニ放火事件です。
自分の近所で起こったことというのが大きですが、正直自分に直接関係がない人が起こした事件でここまで憤りを感じたのは人生で初めてと言えます。
ニュースになる前、自宅にいるとなんだか煙たい漢字がして外を見ました。するとモクモクと煙があがっており、救急車、消防車、パトカー、ヘリコプターとあらゆる緊急車両の音がしていました。これはただごとではないと思っていた矢先、ニュースで京アニが火事だと。しかも犯人らしき人物が確保と出ていました。そのうち時間が立つにつれて被害者がどんどん増えていく。近所でそんなふうに沢山の人が亡くなり、しかも放火。亡くなった方々は殆どの方が若く、自分の夢を叶えるために一生懸命がんばっていたなんの落ち度もない方達。怪我をした方も傷は癒えても心にはありえない傷が残ります。犯人は身勝手な理由で亡くなった方達だけでなくなんとか助かった方達の人生もめちゃくちゃにしました。
今でも焼け焦げた建物を見ると心が締め付けられます。
あの犯人は絶対に助かって苦しい思いをしなければいけない。
絶対に許せません。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
独身っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしの周りで大変身した人
これまでに出会った天才
今だから言えるごめんなさい
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
あの人と縁を切ってよかった
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで一番勉強ができた人
人が豹変した話
ノウハウ
○○の裏話
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
人間関係
女って本当に恐いと思った瞬間
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
家族に一番感謝したこと
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
忘れられない夏休み
死ぬかと思った話
これまでで一番悲しかった時
人を見返してやった話
一番の苦労話
奇跡だと思った話
今までで体験した一番怖い体験
お金さえあればと感じた瞬間
今までで一番感動した話
人生最大の修羅場
どうしても許せないこと
忘れられない夏の思い出
人生で一番運が良かったなと思う出来事
とっておきのすべらない話
一番おいしかった食べ物
これまでに一番勇気を出した瞬間
学校や仕事をサボってやったこと
修学旅行の思い出
嘘みたいなほんとの話
人生最大の失恋話
これまでで一番驚いた話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
これまでで一番お金を無駄にした話
忘れられない先生の話
人生で一番贅沢した話
これまでで一番笑った話
これはひどいなと思った結婚式
私について
仕事での大失敗
そういえば昔夢見ていたこと
わたしの初恋と、その結末
人生が変わった出来事
もっとも尊敬する人
わたしがやめられないもの
誰かに聞いてもらいたい愚痴
誰にも言っていない秘密
私の変えたい過去
苦手だったのに得意になったエピソード
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話