"朝ごはん" に関するエピソード

「忘れられない夏の思い出」

33歳 女性のストーリー
小学生の頃に通っていた学習塾のキャンプでの出来事です。その学習塾には仲の良い友達と通っていました。キャンプ場はログハウスがあり、プールも付いており昼間はプールを友人達と楽しんで、夜はログハウスでみんなでごろ寝をしてとても楽しかったのを覚えています。他の場所の学習塾の子達ともその時に初めて会ったのですがすぐに仲良くなれました。引率に付いてきてくれていたのは、いつもの塾の先生達とそのキャンプの時のみのアルバイトの大学生の方が何人かいました。朝方になって、ヒグラシの鳴き声がすごく綺麗に聴こえて起きました。朝ごはんは、大学生の方達がカレーを作ってくれていました。朝からカレーというのにも驚きましたが、そのカレーのまずいこと。私は食べられずに残そうとしました。でも大学生が「まずいなら食べなくて良いよ。」と言いますが表情がとても怖かったです。私はこっそりタッパーに入れて家に持ち帰りました。友達は見えないところで上手に捨てていました。楽しいキャンプでしたが、少し苦い思い出として忘れられません。

「忘れられない夏休み」

37歳 女性のストーリー
夏休みといえば学生。そんなイメージがありますが、夏休みは大人になっても楽しめます。
これは、社会人4年目の夏休みのことでした。職場の同僚が仲良く、みんなで夏休み1泊2日の海水浴旅行を計画しました。計画が決まったら、職業柄、まずはプラン作成、しおり作成、お揃いのTシャツ作成、役割分担、などなど綿密な計画を立て、旅行に行く前から楽しんでおりました。旅行当日、持ち物検査(笑)配車のくじ引きから始まり、海水浴場では泳ぐもよし焼くもよし、チーム対抗ビーチバレー大会、ビーチフラッグ大会、すいか割り、盛りだくさんで全力で楽しみました。夜は、宿泊先でBBQ、肝試し、花火大会、酒盛り、夜更けまでトランプしたりウノしたり、寝ることも忘れるくらい夜を満喫しました。次の日は、朝から日の出散歩、朝ごはんジャンケン、宿舎掃除。帰り支度をし、また配車のくじ引き。帰り道は、観覧車のある公園によって、集合写真撮影。大人って、こんなに楽しめる?てなほど、楽しみつくしました。あの夏休み旅行は、最初で最後でしたが、10年たった今でも忘れられない夏休みです。

「一番おいしかった食べ物」

57歳 男性のストーリー
一番おいしかった食べ物は、地域に住む農家のおじさんが持ってきてくれた朝採れたてのトウモロコシです。
皮つきで10本ほど持ってきてくれたと思います。大きさは25センチほどでスイーツコーンと呼ばれる品種だったと思います。朝ごはん前に大きな鍋にお湯を沸かし、塩を少しだけ入れてトウモロコシを茹でました。茹で時間は5分ほど、薄皮を1枚残して茹でました。茹でた後は、流水で粗熱を取り、そのあと薄皮と髭などを取って家族全員でいただきました。トウモロコシの粒粒はすべて黄色で、身はぷりぷりとしていました。そして実際に食べてみると甘みがすごくて、夢中で食べました。生まれてから、あれほど旨いものを食べたことがありません。
35歳 女性のストーリー
私が今まで食べた中で一番美味しいと感じた食べ物は、イギリスのエッグタルトです。
10年以上前になります。私は就職活動がうまくいかずに大学を休学し、アルバイトで貯めたお金でイギリスのカンタベリーにある語学学校に留学しました。海外旅行そのものの経験も少なかったのですが、いきなり二ヶ月間のホームステイに飛び込むことで、環境をがらりと変えたいと思ったからです。
ホームステイ先の家族は私に住環境を提供してくれるだけのシンプルなスタンスでした。よって、特に朝早くから学校に行く私の朝食は、必然的に街中のパン屋さんで調達されることになります。学校の近くにある昔ながらのパン屋さんに立ち寄り、紅茶と小さなパンを持ち帰るのが日常でした。
ある日、偶然に焼きたてのエッグタルトの仕上がりに出くわしました。朝ごはんのサイズには小さく、満腹にはならないからという思いでいつも選択肢から外していたのですが、湯気をたてて銀盆に載せられた小さなエッグタルトは魅力的でした。
私は初めてエッグタルトを買い、店の外の通りに出てから、熱々のうちにひと口かじりました。カスタードプリンに似た口当たりですが甘すぎず、濃厚な卵の風味が舌の上に広がり、朝一番の眠気から覚めきっていない頭が一気にすっきりする感覚を味わいました。
その朝初めて私は、自分自身が異国の小さな街の日常の一部に溶け込むことができた実感を味わいました。限られた短い留学期間を過ごす日本人という立場でしたが、昔ながらの商店で買い物をして生活感を得られた充実感も相まって、あのエッグタルトの素朴な味とぬくもりは忘れがたいものになりました。

「独身っていいなと思った瞬間」

39歳 女性のストーリー
子供はかわいいが、毎日朝起きて朝ごはんや洗濯から始まり、子供の支度や自分の仕事に掃除に夕飯にお風呂に片づけにとバタバタしてほっとする時間もなく日々眠りにつく。
休みの日には、普段足りていない掃除を細かくやると休みもあっという間。
そんな時に独身の友達のLINEのアイコンがゴルフをプレイ中の姿に変わっていたり、旅行にいったであろうアイコンに変わっていたりすると、週7日間使って何とか仕事と家事を保てている自分も今独身だったら…と思う。
そこに追い打ちをかけるように、高校生や中学生の子供が休みのたびにすきなように過ごし、一番下の子も自由にしていたり…と、独身なら多少の汚れも目をつむって、好きなことに時間を使えるのにと思います。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
独身っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしの周りで一番勉強ができた人
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りの大恋愛
これまでに出会った天才
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
あの人と縁を切ってよかった
人が豹変した話
ノウハウ
業界ならではの話
○○の裏話
異性は知らないなと思う話
人間関係
女って本当に恐いと思った瞬間
女同士って面倒くさいと思った話
家族に一番感謝したこと
一番ひどい友達からの裏切り
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
お金さえあればと感じた瞬間
今までで一番感動した話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
これまでで一番笑った話
人生最大の修羅場
人生最大の失恋話
これはひどいなと思った結婚式
忘れられない夏の思い出
これまでで一番悲しかった時
死ぬかと思った話
一番の苦労話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
とっておきのすべらない話
どうしても許せないこと
これまでで一番お金を無駄にした話
これまでで一番驚いた話
奇跡だと思った話
人を見返してやった話
忘れられない夏休み
学校や仕事をサボってやったこと
忘れられない先生の話
嘘みたいなほんとの話
人生で一番贅沢した話
一番おいしかった食べ物
今までで体験した一番怖い体験
修学旅行の思い出
これまでに一番勇気を出した瞬間
私について
わたしの初恋と、その結末
苦手だったのに得意になったエピソード
私の変えたい過去
誰かに聞いてもらいたい愚痴
わたしがやめられないもの
人生が変わった出来事
誰にも言っていない秘密
もっとも尊敬する人
仕事での大失敗
そういえば昔夢見ていたこと
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間