"中華料理店" に関するエピソード

「今だから言えるごめんなさい」

72歳 男性のストーリー
古い話ですが、高校を卒業して就職した会社を3ヶ月足らずで辞めて放浪の旅に出ました。理由は特にないのですが、何となく生活の全てが面白くなかったと思います。
求人広告を見て京都の中華料理店でホール係と皿洗いの仕事で住み込みで働き始めました。
京都の夏は想像以上の暑さで、大部屋の20人くらいが寝るのですから暑くてとても眠れない毎日が続いていました。
2ヶ月くらい経ったある朝、目を覚ましてふと横を見ると空になった隣の布団の枕の横に財布が落ちていました。ナントその財布を頂いてしまったのです。そしてそのまま京都にオサラバしてしまったのです。働いていた会社にも無断でした。
今考えてみると金がなかったとは言えとんでもないことをしたものだと思います。今だから言えるごめんなさいの話です。

「嘘みたいなほんとの話」

72歳 男性のストーリー
嘘みたいな本当の話です。
高校を卒業して就職した会社を3ヶ月で退職して放浪の旅に出ました。お金はほとんど持っていませんでしたが、所謂住み込みの求人広告を見て京都の中華料理店でホール係や皿洗いの仕事をしました。先の事は何も考えていなかったので、面白くない事があって1ヶ月でやめて大阪へ行きました。
この時もお金は持っていません。特に当てもなかったので御堂筋をブラブラ歩いていました。淀屋橋のたもとで自分は行き倒れで死んでしまうかもと思ったくらいでしたが、麻雀荘の貼紙でホール係の募集に飛び込み採用されました。住み込みとはいえ最初の給料をもらうまでとても苦しい思いをしたことを覚えています。仕事自体は楽なものでしたがメンバーが足りない時、麻雀をさせられ疲れました。色々面白い事があったのですがここも2ヶ月くらいで辞めて東京へ出ました。
大田区の酒屋さんで住み込みで働く事になりました。自転車で酒やビールを配達するのは結構大変でした。ここでも飲んべえの旦那さんや奥さんによくしてもらったのでが、
お正月になり急に里心が出てきて家に戻りました。
今考えてみるとよく無事で帰れたものだと思います、古き良き時代の話です。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
こんなひといました
人が豹変した話
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしの周りで大変身した人
これまでに出会った天才
今だから言えるごめんなさい
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
ノウハウ
○○の裏話
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
これはひどいなと思った結婚式
死ぬかと思った話
これまでに一番勇気を出した瞬間
お金さえあればと感じた瞬間
学校や仕事をサボってやったこと
忘れられない夏の思い出
どうしても許せないこと
忘れられない夏休み
これまでで一番驚いた話
これまでで一番笑った話
一番おいしかった食べ物
人生で一番運が良かったなと思う出来事
人生で一番贅沢した話
今までで体験した一番怖い体験
嘘みたいなほんとの話
忘れられない先生の話
奇跡だと思った話
人生最大の修羅場
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
人生最大の失恋話
修学旅行の思い出
一番の苦労話
これまでで一番お金を無駄にした話
人を見返してやった話
これまでで一番悲しかった時
とっておきのすべらない話
今までで一番感動した話
私について
わたしがやめられないもの
人生が変わった出来事
もっとも尊敬する人
仕事での大失敗
そういえば昔夢見ていたこと
誰にも言っていない秘密
私の変えたい過去
わたしの初恋と、その結末
苦手だったのに得意になったエピソード
誰かに聞いてもらいたい愚痴
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間