"モラハラ" に関するエピソード

「これまでで一番お金を無駄にした話」

32歳 女性のストーリー
20歳の頃、大恋愛をしました。相手はホストをされている方でした。今思えば色恋営業でした。
彼が務めるホストクラブに週5程通っていました。毎回数万円を払う日々。そしてイベントでは数万円から100万円以上の支払いでした。更に彼の生活費や交際費全てを私が支払っていました。当時、甘い言葉に騙されきった私は彼を支える一心で2年半程このような状態でした。
1軒の家が建つ程貢ぎ、更には暴力まで奮われ、モラハラはいつものことでした。思いが冷めればなんでこんな男に心も体もボロボロにして貢いでいたんだろうという思いです。
若いうちにこれでもかと言うほど働き、大した人間でもない男に貢いだことが私にとっては人生で1番お金を無駄にしたといっても過言ではありません。
このお金があれば今頃何かしら変わっていたかもと思うと居た堪らないです。
お金も時間も無駄にした2年半でした。

「誰かに聞いてもらいたい愚痴」

34歳 女性のストーリー
結婚したいのに、彼氏がいても理想の人ではない(犯罪的な仕事をしてる、モラハラ、50代など)で自分はどうしたら理想の結婚生活を送れるのか、、と毎日考えています。
考えるのがめんどくさくて、何もしたくない日々が続いています。
私たちの親の世代は専業主婦でいい、という考え方なので私もその価値観で育ってきてしまっているのに、今更不況になったからと言って共働きが必須、とか最悪すぎます、
友達はみな10歳以上上の経営者などと結婚してセレブ生活を送っています。私もそんな生活を送ります。そのために努力しなきゃと考えている段階です。ただし、あまり亭主関白な人は無理なのでそこも難しいです。実家に帰って親と過ごすか・・・困りましたね。

「今だから言えるごめんなさい」

36歳 女性のストーリー
その当時は、付き合っていた彼氏の方が好きで好きでたまらなくて大学を卒業する大事な時期に彼氏の家によくいっていました。就職も適当に決めてなぁなぁで過ごしていました。
そして卒業したあとも、結婚する気は無いけど今がとにかく楽しくて呼び出されれば電車賃が往復2000円かかるところまで会いに行きました。今思えば、とても口が上手い人でのせられていました。
20代半ばになったときに、本当にこの人で良いのだろうかと思い始めたときに、特段好きではないが将来安定している人からの告白を受けました。結婚はしてみたいという考えから、彼氏と別れて付き合おうと思ったらその彼氏がモラハラに変わり毎日2時間電話がかかってくるようになりました。
その内容が自分と別れたらどんなにひどいことが待ち受けているかです。
そしてなぁなぁできめた仕事もうまくいかずにやめることになり、彼氏とは半年間連絡が取れないように一人暮らしをしてひっそり身を潜めました。
あのときは本当に生きた心地がしなかったです。
良い感じの人とは結婚して、あのときじつはあなた以外いたのとはいえず、後ろめたい気持ちもありつつ過ごしています。

「どうしても許せないこと」

46歳 女性のストーリー
以前働いていたスーパーの店長が許せない。
個人的に、モラルハラスメントで病んでしまって仕事をしてもストレスで能率がますます悪くなっているのに、よりモラハラするので迷惑千万だった。
病ませた自覚が全くなくて、障害者なのに使ってやっているとか抜かして、孫から「老害死ね!」と罵られろと今でも時々思う。
こいつは、店長のくせに責任感がなくて、客がレジで10万無くなったと騒いでバイトをなかせていた時その場にいたのに、知らん顔していた。
だから正社員が対応して、その当たり屋的な客に自腹で金を払ってその後その人辞めたし。
つかこのクソ店長、気に入らない奴はモラハラするやつで、特に正社員によくやるので正社員の離職率が9割を誇っていた。
従業員の堂々と勤務時間を捏造するし、恩着せがましいこともしょっちゅう言うクソだったし。

「一番の苦労話」

33歳 女性のストーリー
新卒で入った部署の直属の上司がパワハラ上司だった。言葉の節々にとげがあって、しょっちゅう理不尽な叱りを受けて、さらに人間性までも否定されて、精神をかなりやられた。
仕事の雑用はいつの間にか自分に全部降りかかってきていたので、本当に多忙だった。でも「そんなに残業するほど仕事回してない」と、残業を付けることはパワハラ上司の許可が下りず、できなかった。なので上司が不在の時に残業申告を出さずにこっそり残って仕事を片付けるなどして、何とか仕事をしていた。
その部署で働いていた5年間は心療内科に通院していて、どうしてもものすごく気分が落ち込む時は安定剤を時々飲み、日々やり過ごしていた。
当時は新卒でそれがパワハラだとは気づかず、社会って辛いな、大変だな、自分はメンタル弱いんだろうな、と思っていたけれど、今思えばあれは立派なパワハラ、モラハラだった。あの5年間は本当にしんどかった。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
自分は特別だと思った瞬間
こんなひといました
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りで大変身した人
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
あの人と縁を切ってよかった
これまでに出会った天才
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
人が豹変した話
ノウハウ
○○の裏話
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
家族に一番感謝したこと
一番ひどい友達からの裏切り
女って本当に恐いと思った瞬間
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
今までで一番感動した話
忘れられない夏休み
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
人生最大の失恋話
死ぬかと思った話
今までで体験した一番怖い体験
忘れられない先生の話
これはひどいなと思った結婚式
これまでに一番勇気を出した瞬間
とっておきのすべらない話
嘘みたいなほんとの話
どうしても許せないこと
これまでで一番驚いた話
人生最大の修羅場
これまでで一番お金を無駄にした話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
人生で一番贅沢した話
忘れられない夏の思い出
一番の苦労話
奇跡だと思った話
これまでで一番悲しかった時
学校や仕事をサボってやったこと
修学旅行の思い出
お金さえあればと感じた瞬間
これまでで一番笑った話
一番おいしかった食べ物
人を見返してやった話
私について
誰かに聞いてもらいたい愚痴
苦手だったのに得意になったエピソード
人生が変わった出来事
わたしの初恋と、その結末
わたしがやめられないもの
誰にも言っていない秘密
私の変えたい過去
もっとも尊敬する人
仕事での大失敗
そういえば昔夢見ていたこと
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間