"パチンコ" に関するエピソード

「わたしの周りで一番お金持ちの人」

47歳 女性のストーリー
私の住む場所の近辺では、かなりの土地を所有していて、その場所とかに有名な飲食店やスーパーを建てたり、マンションにアパートその他手広く資産運用している一族がいらっしゃります。

有名過ぎて誰でも知ってる程の資産家です、高い土地を祖父の代から持っているからか、その一族の息子さんや娘さんは趣味で個人経営の飲食店を開いてたりして、またお金に余裕があるからか、閉店時間が物凄く早かったり、美味しいのに、あまり食数を増やさないのも凄い所です。

やはり乗っている車も、有名な外車とかだし、噂によればその一族の息子さんはギャンブルとかもお好きで、毎日パチンコに来ては何十万円くらいは毎日使ったりしているとか聞いた事もあります。

「どうしても許せないこと」

28歳 女性のストーリー
高校生の時に初めて付き合った年上で社会人の彼氏のことが、どうしても許せません。
初めての彼氏でわたしも良くなかったのはあとから反省していますが、パチンコが大好きな人で給料が入るたびにすぐにパチンコ屋に行ってお金を使い果たしてしまうような人でした。その時はわたしも彼のことが好きだったしそれなりにバイトをしていたので、たまにお金を貸してしまっていました。
結局貸したお金は3万円にもなりました。それでもわたしが特にお金に困ることはありませんでしたが、人にお金を返さないくせに夜遊びをやめず、女の子がいる飲み会に行ったりして、浮気のようなことも繰り返しているようでした。流石に許せなかったので、お金は返してもらえないままでしたが別れました。

「学校や仕事をサボってやったこと」

28歳 男性のストーリー
学校(大学)時代。
よく授業をサボってパチンコパチスロに行っていました。当時はジャンキーで学校サボってはパチ屋を4.5軒は渡り歩いていました。しかも金がないのにどこかで絶対大勝ちをすると変に夢を見てひたすら友人にお金を借りて毎日ギャンブル生活を、たのしんでいました。一時期は学生の分際で計15人から借金を(70万円近く)借りていました、卒業までに返さないとそんな思いでひたすらバイトに励みそのお金でパチンコパチスロに行き大学生活(5年間、留年しちゃいましたギャンブルの他にラッパーとして活動してろくに勉強もせず。。笑)を過ごしなんとか卒業までは借金も全額返済プラスで卒業旅行資金まで稼ぐ程になりました。
32歳 男性のストーリー
毎週月曜日はとても早起きでした。
なぜなら新装開店だからです。そう、パチンコ屋に並び新台を打つために朝並ぶために早起きし
ていました。早朝のため会社の上司にはメールにて具合が悪い旨を伝え、お休みいただきますと連絡をし、ウキウキでパチンコ屋に並んでいました。
パチンコ屋より整理券を受けとったあとに、会社には電話を入れていました。当然、人がいない静かな場所で電話をしていました。
毎週こんなことをやっていてはさすがに解雇される可能性があるため月1の楽しみとしてました。
パチンコ屋の定員や他に並んでいる人たちからはなんでスーツ着たおっさんが並んでいるんだ?みたいな目では見らていましたが、そんなこと気にしません。
パチンコの勝敗については言わずともわかると思いますが、だいたい大敗です。
悪いことをしてやるギャンブルは勝てません。
60歳 女性のストーリー
一時期、パチンコにはまりにはまっていた時代の話です。出勤経路にある大型のパチンコ屋が新装開店とのチラシを配っていました。新装開店時は出玉が良いのは誰でも知っていることですから、会議は午後からだし、午前中だけ休んでちょっとだけ寄ろうかなー。と・・・悪魔のささやきが。
翌日、会社に電話して「午前中歯医者さんに行きたいので、午後から出社します。」と連絡し、意気揚々と新装開店の列にならび、いざパチンコ台に、
まあまあの出玉で、そろそろ11:30だし清算して会社に向かわないと。と思った瞬間、確変を引いて大当たりが!!これが終わったら・・・と思って打っていると、終わった次に瞬間に又大当たりが!!この台を放置してパチンコ屋を去るのは無理だわー。ということで、少しだけ悩みましたが、会社に「歯を抜いたら出血がとまらなくて眩暈がして」と苦しい言い訳の電話をして夕方までパチンコ屋に居てしまいました。

「人が豹変した話」

44歳 女性のストーリー
若い頃に付き合っていた彼は頭もよく温厚でとても付き合いやすい男性だと思っていましたが付き合って数か月してからパチンコにハマってしまい当たる日には一日で10万円位パチンコで稼いだことから休日はほとんどをパチンコ屋で過ごすようになりあたりがない日は一日に3万円位負ける日が続きある日、負けが続いた彼が帰りに車の中でパチンコをしていない私に対してブチギレました。

人が待っているとパチンコに集中できないから負けた、数日間で20万近く負けて今月どうやって生活すればいいんだよ、などの暴言を言われ後から謝ってきましたが許すことができずその後お別れしました。

ギャンブルに負けて豹変する人って本当にいるんだなって実感した出来事でした。

「人生最大の修羅場」

36歳 女性のストーリー
同棲していた婚約者が浮気したことが分かったとき。当時、私は大学生で、相手はパチンコ屋でバイトしていた8歳年上の男性。当時30代。フリーターだし、おまけ中卒、資格なし。という状態だったが、依存的にも愛してしまっていた私は「大学卒業後に入籍する」と親にも友達にも大学教授にも触れ回っていた。しかし、そこで彼のバイト先の同僚との浮気が判明。言動がちょっと怪しかったのと、私への愛情表現が若干減っていたことが気になり、身勝手にもメールチェックして判明して、人を平手で初めて連打した時の心の荒れ模様もかなり修羅場だった。その後、彼は浮気相手を取った。同棲解消も諦められなかったので、彼と連絡を取ったり、バイト先に押しかけて、浮気相手に客や店員の前でビンタを数発食らわせた。彼の絶縁していた実家に、彼の居場所を教えたり、色々感情に任せて、今振り返ったら自分でも引くけど、同じことが今起こったら、同じ行動を起こすだろうなあと思う。

「仕事での大失敗」

28歳 女性のストーリー
私がパチンコ店でアルバイトをしているときの事です。
当時働いていたパチンコ店では、出玉をプラスチックのケースに入れそれをお客さんの後ろに積んでいました。
それを働いていたスタッフが計数機に運びます。
当然ですが私もスタッフとしてお客様の出玉を計数機に運ぶ作業を行っていました。
ある日、10箱を超える出玉を計数機に運ぼうとしたところ、箱を載せたカートの下に球が1つだけ挟まっていました。
今思えばその玉を取り除いて移動させれば良かったのですが私は面倒で勢いをつけて無理やりにカートを発進させました。
すると、縦に積み上げられた出玉ケースがゆっくりと前に倒れていきました。
まずい、と思った時にはあっという間に出玉は店内に散らばり私はお客様と、店長にとても怒られてしまいました。

「私の変えたい過去」

36歳 女性のストーリー
私は過去、精神的にかなり弱くギャンブル依存症になってしまったことがあります。
とにかく毎日パチンコへ行っていた時期もありました。
そのきっかけになった元彼と付き合う前に戻りたいです。
その元彼自身がパチンコ、パチスロ大好きで毎日のように行っていました。私はそのときはあまり興味がなかったので一緒に行くことはなかったのですが、ある日私の好きなアニメがパチンコになっているからと無理矢理ホールへ。
しかも3000円くらいで当たり、3万くらい勝ちました。
すると私は一気にハマってしまい、彼とは会うたびにパチンコデート。
しかも彼はかなり借金を作っていたようで、私にパチンコで勝ったら返す、と何度も数万円を貸しました。
結局、彼は浮気をして、私から借りた300万も返さないまま消えました。
そして私自身もギャンブル依存症になり、借金を作ることになってしまいました。
なので、彼と付き合わないという選択ができればいいなぁと今でも思ってしまいます。

「この職業で良かったなと思う瞬間」

41歳 男性のストーリー
私は高校も出ていなく頭で仕事をする事が出来ない育ちでした。
高学歴の奴には負けてたまるかと思い資格を取り体を動かしなんぼの仕事しか稼げないし、安定した仕事なんか私にはあるのかな?と考えていました。
当時働いていた職業は建設業、雨なら休み、休みなら給料にならない日給月給でした。
仕事もだんだんとなくなり休みの日にはパチンコ、スロットとギャンブルをする日々が続きました。
ある日、兄の勤め先である運送業に働かないかとの誘いがあり勤めるようになりました。
体を動かして稼げる?と思い運転をする事も好きな私は働くことにし自分の中では今の職場で良かったと思っています。
なぜなら建設業では不安定な給料。
今は運送屋で中間管理職となりそれなりの年収を得てます。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
こんなひといました
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
人が豹変した話
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りで大変身した人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りの大恋愛
これまでに出会った天才
ノウハウ
○○の裏話
業界ならではの話
異性は知らないなと思う話
人間関係
女って本当に恐いと思った瞬間
家族に一番感謝したこと
一番ひどい友達からの裏切り
女同士って面倒くさいと思った話
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
奇跡だと思った話
これまでで一番お金を無駄にした話
今までで一番感動した話
人生で一番贅沢した話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
人を見返してやった話
死ぬかと思った話
今までで体験した一番怖い体験
これまでで一番驚いた話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
とっておきのすべらない話
一番の苦労話
どうしても許せないこと
修学旅行の思い出
忘れられない先生の話
忘れられない夏の思い出
これまでで一番悲しかった時
人生最大の修羅場
忘れられない夏休み
人生最大の失恋話
学校や仕事をサボってやったこと
これまでに一番勇気を出した瞬間
一番おいしかった食べ物
これまでで一番笑った話
お金さえあればと感じた瞬間
嘘みたいなほんとの話
これはひどいなと思った結婚式
私について
わたしがやめられないもの
私の変えたい過去
苦手だったのに得意になったエピソード
仕事での大失敗
誰かに聞いてもらいたい愚痴
そういえば昔夢見ていたこと
もっとも尊敬する人
人生が変わった出来事
わたしの初恋と、その結末
誰にも言っていない秘密
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間