"ソープ" に関するエピソード

「誰にも言っていない秘密」

22歳 女性のストーリー
水商売をしていた頃、かなり稼げていたのですがホストクラブにハマってしまい毎月数十万円から多い時は100万近く使っていました。流石にお金がもたなくなった私は風俗を考えましたがその度胸はなく、また親から風俗したら戸籍から外すと脅されていたので風俗も出来ず、借金を作るのも怖かったので、とってもグレーというかブラックな仕事ですが女の子をホストにハマらせて風俗で働かせるようにホストと手を組んでら女の子のヘルスやソープ、性感エステやAVなどの仲介役(スカウト)をして稼いでいました。ハマらせるのはキャバ嬢とかではなく、その辺にいる普通の女の子でした。ハマってしまうのは女の子の自己責任ですが、そんな仕事をしていたなんて誰にも言えません。

「独身っていいなと思った瞬間」

54歳 男性のストーリー
現在、単身赴任中です。既婚者でありながら、独身生活を満喫してます。離婚こそしていませんが、一人の安心感はしみじみと実感します。私が自宅に住んでいるころ、妻は、私に怒鳴りまくりです。実際は怒鳴ってはないと思いますが、私にとってそう聞こえることがたびたびあり、心が穏やかでなくなり、妙にソワソワしてしまいます。私が悪い時もありますが、私が悪くなくとも愚痴を言われ、聞いているうちに目が回り始め具合が悪くなることがたびたびありました。心を閉じて聞かないようにしたら、ある時、わからないことがあって妻に質問したら、この前話したでしょと怒られる。そして、妻は私の話しを聞かない。夫婦の会話のほとんどが妻が話す。妻に、自分のペースで自分の考えを話したいと思っても無理でした。そんな中、ソープにハマり、ソープ嬢は仕事ですが、体も自分の話も聞いてくれて、助かりました。しかし、ソープが何故か娘からばれ、離婚届を突きつけられました。妻の声を聞くことにストレスを感じていた私には、内心、うれしく、ホッとした瞬間でしたが、何故か離婚には至らず、何故か単身赴任を選ぶことになりました。単身赴任は大変ですが、一人になったとき、自分自身と対話できるのがなかなか良いです。もう、年齢が年齢なのでソープに行くことはなくなりましたが、一人で対話し、自分自身を見つめることは、心が安らぎます。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
自分は特別だと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしの周りで一番勉強ができた人
人が豹変した話
あの人と縁を切ってよかった
これまでに出会った天才
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りで一番お金持ちの人
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りで大変身した人
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
○○の裏話
人間関係
女って本当に恐いと思った瞬間
一番ひどい友達からの裏切り
女同士って面倒くさいと思った話
家族に一番感謝したこと
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
人生最大の修羅場
これまでで一番お金を無駄にした話
人生で一番贅沢した話
忘れられない夏の思い出
忘れられない夏休み
これまでで一番笑った話
一番おいしかった食べ物
これまでに一番勇気を出した瞬間
一番の苦労話
今までで一番感動した話
嘘みたいなほんとの話
死ぬかと思った話
奇跡だと思った話
とっておきのすべらない話
修学旅行の思い出
これはひどいなと思った結婚式
人を見返してやった話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
これまでで一番驚いた話
人生最大の失恋話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
お金さえあればと感じた瞬間
どうしても許せないこと
今までで体験した一番怖い体験
忘れられない先生の話
学校や仕事をサボってやったこと
これまでで一番悲しかった時
私について
もっとも尊敬する人
そういえば昔夢見ていたこと
人生が変わった出来事
仕事での大失敗
苦手だったのに得意になったエピソード
私の変えたい過去
誰にも言っていない秘密
わたしの初恋と、その結末
誰かに聞いてもらいたい愚痴
わたしがやめられないもの
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間