"ジャンケン" に関するエピソード

「忘れられない夏休み」

37歳 女性のストーリー
夏休みといえば学生。そんなイメージがありますが、夏休みは大人になっても楽しめます。
これは、社会人4年目の夏休みのことでした。職場の同僚が仲良く、みんなで夏休み1泊2日の海水浴旅行を計画しました。計画が決まったら、職業柄、まずはプラン作成、しおり作成、お揃いのTシャツ作成、役割分担、などなど綿密な計画を立て、旅行に行く前から楽しんでおりました。旅行当日、持ち物検査(笑)配車のくじ引きから始まり、海水浴場では泳ぐもよし焼くもよし、チーム対抗ビーチバレー大会、ビーチフラッグ大会、すいか割り、盛りだくさんで全力で楽しみました。夜は、宿泊先でBBQ、肝試し、花火大会、酒盛り、夜更けまでトランプしたりウノしたり、寝ることも忘れるくらい夜を満喫しました。次の日は、朝から日の出散歩、朝ごはんジャンケン、宿舎掃除。帰り支度をし、また配車のくじ引き。帰り道は、観覧車のある公園によって、集合写真撮影。大人って、こんなに楽しめる?てなほど、楽しみつくしました。あの夏休み旅行は、最初で最後でしたが、10年たった今でも忘れられない夏休みです。

「「あなたの番です」のあらすじ」

27歳 女性のストーリー
手塚菜奈と手塚翔太は、15歳年の離れた新婚さん。幸せいっぱいの二人は、新居のマンションの引っ越し作業に張り切っていた。
仲良しそうな家族、親切なカップル、幸せそうなお年寄りなどすれ違うマンションの人たちはいい人そうで買ってよかったと思う二人。
作業が一段落すると管理人の床島という男が現れて隅々までチェックされる。その床島の態度に菜奈は不信感を募らせつつ住民達に挨拶へ。
301号室の尾野幹葉から、この後月に1回の住民会があると聞かされて、そこで2人の事を紹介すると言われる。
住民会への出席は各部屋一人ずつと教えてもらい、ジャンケンで負けた菜奈が出席することになる。
住民会では新入りの菜奈に興味津々の住民達。住民会の議題は、ゴミ置き場の清掃係を決めること。
誰も自分から引き受けようとはせず、結局投票で決めることになり、そんな流れから「人間誰しも、殺したい人がいる」ということに。
住民達は戸惑いながらも自分が消えてほしいと思った人について話し始め、「交換殺人ゲーム」という思わぬ方向へ。
ゲームならばと皆軽い気持ちで余っていた投票用紙に殺したい人の名前を書き始め、くじのように引く交換殺人ゲームが始まった。
こうして住民会をきっかけに恐ろしい殺人ゲームが幕を開ける。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
こんなひといました
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしの周りで一番勉強ができた人
人が豹変した話
これまでに出会った天才
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
あの人と縁を切ってよかった
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
わたしの周りで大変身した人
ノウハウ
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
○○の裏話
人間関係
女同士って面倒くさいと思った話
女って本当に恐いと思った瞬間
一番ひどい友達からの裏切り
家族に一番感謝したこと
学んだこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
これまでの人生で悟ったこと
思い出
奇跡だと思った話
今までで体験した一番怖い体験
学校や仕事をサボってやったこと
これまでで一番悲しかった時
どうしても許せないこと
人生最大の修羅場
人生最大の失恋話
これまでで一番笑った話
死ぬかと思った話
とっておきのすべらない話
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
これまでに一番勇気を出した瞬間
人生で一番運が良かったなと思う出来事
忘れられない先生の話
これまでで一番お金を無駄にした話
忘れられない夏の思い出
今までで一番感動した話
一番おいしかった食べ物
修学旅行の思い出
嘘みたいなほんとの話
人生で一番贅沢した話
これはひどいなと思った結婚式
これまでで一番驚いた話
お金さえあればと感じた瞬間
一番の苦労話
人を見返してやった話
忘れられない夏休み
私について
人生が変わった出来事
誰にも言っていない秘密
仕事での大失敗
そういえば昔夢見ていたこと
誰かに聞いてもらいたい愚痴
わたしがやめられないもの
わたしの初恋と、その結末
私の変えたい過去
もっとも尊敬する人
苦手だったのに得意になったエピソード
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話