"できちゃった婚" に関するエピソード

「どうしても許せないこと」

21歳 女性のストーリー
私はここ最近でどうしても許せないことがありました。それは親戚の言葉です。
私は18歳で第一子を産みました。親も喜んでくれてとても可愛がってくれています。親戚には何が気に入らないのか私達家庭の悪口をよく言われます。言われた事は「働いてない、お金もない、貯金もない、計画性のないできちゃった婚」です。根拠のない事をよく言えたもんだなと頭にきました。「働いてない」は、子供も小さいし、私が働かなくても暮らせるから働いてないだけであって子供が3歳になり保育園に入ったら働く予定でした。「お金もない、貯金もない」は、何故そう思ったのかすごく不思議でたまりません。私自身には確かに貯金は一切ありませんでした。でも旦那さんが貯金していたのでないとは言い切れません。「計画性のないできちゃった婚」は言われて一番腹が立ちました。無計画に子供を作ったわけではありません。確かに、年齢からしたら若くてチャラチャラしているなど思われるかもしれませんが親になる覚悟があったから子供を作ったわけです。その親戚に、「幸せにならんと認めん」と言われたのですが正直認めてもらわなくても構いません。今現在私は幸せなのに認めてもらえてないと言うことは幸せだと言ってもどうせ認めてもらえないのですから。
このように私達家庭の事をよく思っていない発言が多いのです。それも私達に直接言うんじゃなくて陰でぐちぐち言っているのが更に許せません。

「結婚っていいなと思った瞬間」

31歳 女性のストーリー
独身時代、結婚に関しては興味も全くありませんでした。付き合う人それぞれとも、結婚したいとも思わず、結婚したら自由じゃないというイメージだったので、私には無縁だと思っていました。
そんな折に妊娠が分かり、できちゃった婚になりますが、結婚することになり、最初は憂鬱でした。
でも、子供が産まれ、子育てをしていくうちに、辛いこと、イライラすること、自由に過ごせない日々は沢山ありましたが、子供の寝顔を見たり、家族みんなでテレビを見たり、そんな些細なことですら楽しく思えたんです。
独身の時には、1人で居ることが当たり前でしたが、幼稚園に預けている間に1人で家にいるだけでも、何故か寂しい気持ちになり、1人で過ごすことが出来なくなった時、家族の大切さがよく分かり、結婚するっていいなと実感しました。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
自分は特別だと思った瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
独身っていいなと思った瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
こんなひといました
わたしの周りで一番勉強ができた人
人が豹変した話
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしの周りで大変身した人
わたしの周りの大恋愛
これまでに出会った天才
あの人と縁を切ってよかった
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りで一番お金持ちの人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
ノウハウ
○○の裏話
異性は知らないなと思う話
業界ならではの話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
家族に一番感謝したこと
女って本当に恐いと思った瞬間
女同士って面倒くさいと思った話
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
これまでで一番笑った話
忘れられない夏休み
忘れられない先生の話
これまでで一番悲しかった時
学校や仕事をサボってやったこと
修学旅行の思い出
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
とっておきのすべらない話
人生最大の修羅場
人を見返してやった話
今までで体験した一番怖い体験
これまでで一番驚いた話
どうしても許せないこと
これはひどいなと思った結婚式
死ぬかと思った話
お金さえあればと感じた瞬間
これまでに一番勇気を出した瞬間
これまでで一番お金を無駄にした話
嘘みたいなほんとの話
人生最大の失恋話
人生で一番贅沢した話
一番の苦労話
今までで一番感動した話
忘れられない夏の思い出
奇跡だと思った話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
一番おいしかった食べ物
私について
もっとも尊敬する人
わたしの初恋と、その結末
苦手だったのに得意になったエピソード
そういえば昔夢見ていたこと
誰かに聞いてもらいたい愚痴
人生が変わった出来事
誰にも言っていない秘密
わたしがやめられないもの
仕事での大失敗
私の変えたい過去
結婚・恋愛
夫婦関係を続けていくのが不安になった話
結婚を後悔した瞬間