"しびれ" に関するエピソード

「これまでで一番驚いた話」

47歳 男性のストーリー
オーストラリアに旅行に行った時の話です。エアーズロック周辺を散策していました。中東あたりの人と仲良くなり、お喋りしながら歩いていました。細い下りの階段に差し掛かり、私は彼の前を歩き、彼は私の後ろを歩いていました。勾配がなだらかで長い階段でした。階段を降りる時は、彼と会話はせず足元に注意しながらゆっくり階段を下りました。時折、少し立ち止まって周りの景色を見回したりしましたが、彼に話しかける事はしませんでした。そして、その階段を下り切った時、後ろを振り返りました。すると何とカンガルーが立っていました。驚いて声も出ませんでした。階段の上を見ると、彼はそこにいました。私が階段を下りている時に感じていた気配はカンガルーだったのです。私はしばらくカンガルーとにらめっこ状態になり、しびれを切らしたカンガルーはどこかに去って行きました。

「嘘みたいなほんとの話」

30歳 女性のストーリー
大学生の夏、母だけ予定が合わず、私と父の二人だけで墓参りに行ったときの話です。
自転車で20分、肝心の墓地に着いた瞬間、まさかの父から「うちのお墓はどれ?」と聞かれてしまいました。父は私が知っていると思い、私は父が知っていると思っていたのです。というのもいつもは母がいるので、二人だけなんていうのは初めてだったんです。二人とも墓参りだけだから、と携帯を置いてきたので聞ける人もいません。慌てて二人で「あっちじゃないか」「いや、ここら辺じゃないか」と炎天下の中、墓地を走り回りました。
そのとき、ふと背後を振り返ると、道にお墓の花瓶が倒れ、中の花が飛び出してしまっているのが目に入りました。私は「探すのに夢中で倒してしまったに違いない」と顔面蒼白になりました。慌てて元に戻し、花瓶に水を入れてあげようと顔を上げると、驚いたことにまさに探していた我が家のお墓でした。
何度も目の前を通りすぎる私たちに、ご先祖様がしびれを切らして「ここだよ!」と教えてくれたのかもしれません。

「一番おいしかった食べ物」

39歳 女性のストーリー
私自身、生魚が苦手なので、お寿司屋さんとかに行っても、あまり食べる物が無く、
でも、最近の回転ずしには、結構、色々なものがあって、
今年の夏、某、回転ずしで食べた
冷やし担々麺にすごくハマってしまい、行く度に毎回注文して食べてました。
辛い物が好きな事もあって、ラー油の辛さと、別入れの花山椒を入れてピリッと
しびれるけど美味しい!という。
また、ゴマの香りが良くて、食欲の落ちた夏でもスルスル入っていき、
麺を食べ終えると、追いシャリ出来るという!
担々麺の汁とシャリがまたベストマッチでいい具合に絡んで食べやすかったです。
今までに食べた担々麺の中で一番おいしかったな、と思いました。
また来年も出てほしい一品です。
人気のエピソード
あらすじ
「あなたの番です」あらすじ
いろんな瞬間
男または女に生まれて良かったなと思う瞬間
この職業で良かったなと思う瞬間
自分は特別だと思った瞬間
結婚っていいなと思った瞬間
独身っていいなと思った瞬間
こんなひといました
わたしの周りの大恋愛
わたしの周りで大変身した人
今だから言えるごめんなさい
わたしの周りの結婚できなそうだなという人
わたしが出会った「さすがにこれは厳しい」という言い訳
これまでに出会った天才
わたしがつかれた「優しい嘘」のエピソード
あの人と縁を切ってよかった
わたしの周りで一番勉強ができた人
わたしの周りで一番お金持ちの人
人が豹変した話
ノウハウ
業界ならではの話
○○の裏話
異性は知らないなと思う話
人間関係
一番ひどい友達からの裏切り
家族に一番感謝したこと
女って本当に恐いと思った瞬間
女同士って面倒くさいと思った話
学んだこと
これまでの人生で悟ったこと
「こんなお金の稼ぎ方があるんだな」と思った事
思い出
今までで体験した一番怖い体験
これまでで一番驚いた話
奇跡だと思った話
これまでに一番勇気を出した瞬間
これまでで一番お金を無駄にした話
お金さえあればと感じた瞬間
人を見返してやった話
忘れられない夏の思い出
忘れられない夏休み
忘れられない先生の話
とっておきのすべらない話
どうしても許せないこと
修学旅行の思い出
おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出
一番おいしかった食べ物
これまでで一番笑った話
学校や仕事をサボってやったこと
これはひどいなと思った結婚式
一番の苦労話
人生最大の修羅場
死ぬかと思った話
今までで一番感動した話
人生で一番贅沢した話
嘘みたいなほんとの話
人生最大の失恋話
人生で一番運が良かったなと思う出来事
これまでで一番悲しかった時
私について
わたしの初恋と、その結末
苦手だったのに得意になったエピソード
誰にも言っていない秘密
仕事での大失敗
人生が変わった出来事
わたしがやめられないもの
誰かに聞いてもらいたい愚痴
もっとも尊敬する人
そういえば昔夢見ていたこと
私の変えたい過去
結婚・恋愛
結婚を後悔した瞬間
夫婦関係を続けていくのが不安になった話